スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素材買い出し

4月あたりからちょこちょこ手を付け始めていましたが、
そろそろ本腰上げて製作開始しよう、ということで
我らが㈱大創産業の小売店に脚を運びました。

収穫物
DSCF8355.jpg

ホットボンドの48本入りがあと1つしかなかったのでゲット。
もう入荷ありませんとか言われたら悲しくて泣いちゃいます。

新しい素材として、紙粘土を購入してみました。
目で使ってみようと思ってます。
紙粘土職人の方いらっしゃいましたら、
綺麗に造形するアドバイス頂けたらとても嬉しいです。

そして、何より

DSCF8362.jpg

散々悩んで、ついに買っちまいました。

何と従来の10Wと比較して従来比2倍の20W!
しかも、お値段据え置きの700円(税抜)!
右のも、アキバで700円で見つけて「めっちゃ安!」って即購入したんですが、
同等の物は300円(税抜)で売ってました。
いい時代になったものです。
大創産業マンセー。

これでもりもりし放題です。
スポンサーサイト

<< 免許更新 | ホーム | 浅草と秋葉原は結構近い >>


コメント

本業粘土職人ですw

粘土は使う前によくこねることと
表面仕上げは、
霧吹きやコップなどに水を入れて
少しずつならすことです。

紙粘土の場合、
ボンドを水で溶いたものを使うと
乾燥後のひび割れが少ないです


と、
こんな感じで参考になりましたでしょうか?

お、おぉ、ホンモノの職人さんがw

こねは重要なのですねぇ・・・
やっぱりよくこねないとヒビとかの原因になっちゃうのでしょうか(汗
なるほど、水を含ませると滑らかに仕上がるのですねっ


てか、ボンドを水に溶いたものを使うっていうのが素晴らしい!
全く思いつきませんでしたw
是非是非使わせていただきますw
木工用ボンドでいいのだろうか・・・

いや~、ものっそい参考になりましたよ!
聞いてなかったら、目がヒビだらけのホラーになりかねなかったです(笑

あとは、以前ちょっと使った事あるんですが、
粘土を付け足そうと思ってくっつけると、
その接着面が乾いた後にヒビになったり剥がれたりしちゃうの、
あれなんとかならないんですかねぇ(汗

わぁ~っ!
お役に立てたようでよかったです^^

ボンドは普通の木工用で構いません(っていうか使いやすいです)
乾燥した後に、上から新しい粘土を付け足す場合にも
水が役立ちます。
付け足したい場所に前もって指などで薄く塗っておくと剥がれづらくなるということと、
最後に新しく付け足した部分の端(縁?)も水をつけた指でくるくるなぞるように薄~く馴らしていきます。

面倒な場合は、
紙粘土の場合、乾燥後にサンドペーパーが使えるんじゃないでしょうか?

製作頑張ってくださいねん^^

ほうほう、木工用ボンドオススメですか・・・(メモメモ
接着面、仕上げには水を使うのですねっ!
水でくるくるするのとサンドペーパーでがしがし削るんだったら、水の方が楽そうな感じですな・・・
ってやってみないと感覚掴めないですが(笑

何とかやってみようと思います~っ
アドバイスありがとうございました~っ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。