スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒュウガ製作記 その8

いかんいかんいかんいかん
忙しいと言うのはいい訳、熱が冷めかけてきt(
気が付いたら1週間放置とか・・・

考えてみたら、最近休みに家に居る事少ないんだよなぁ・・・
いやでも他の人は出かけててもしっかり書いてるし
てか出かけ先の事書けよって話だし

とまぁ、とりあえずいい加減製作記終わらせんと。


kemocon 1st まで残り14日

正直もう日付なんて覚えてたり覚えてなかったり(
まぁいずれにせよ、この時期はかなり切羽詰ってた事は確か。
夏休み最終日にテンぱる人です。

・耳作成ヘッド本体が形になったところで、パーツ作ってきます。
まず耳。

PICT0477.jpg
これを

PICT0481.jpg
こうして

PICT0487.jpg
こうっ

もはや説明なんて必要無いレベルですね。
ちなみに、フサフサ耳毛は、
近所のディスカウントストアで買った、車用のエセムートン

位置は相当悩みました。
50パターン位試しました。
結果は残念なものとなってしまいました。

この耳、釣糸でひっぱってぴくぴくってさせるつもりだったんですけどね。
ウレタンて、ホットボンドで生地貼っちゃうと
凄い硬くなるのね。
これだから素人考えは恐ろしい。

根元を金属の薄板でバネっぽく固定しても、
ぶよんぶよん動きすぎて、
ちょっと頭動かすだけではねてしまう悲しい結果に

そういう経緯があって、もう時間も無いし耳ピクは諦める事に。
後々聞いた話では、
瞬きより耳ピクの方が萌え度は高かったとのこと。

orz


・角作成
これさえあれば、君もケモ竜の仲間入りっ
角を作っていきます。
後に「牛っぽい」とか言われてるのは秘密。

PICT0493.jpg
これを

PICT0496.jpg
こうして

PICT0499.jpg
こうっ

白い部分は、フェルト生地を引っ張りながら
ホットボンドで固定しました。
生え際の毛を付けたのがポイント。

今考えれば形が失敗だった・・・
牛言われる所以ですね。
やっぱり初期デザインは重要です。
教訓教訓・・・
スポンサーサイト

<< リンク追加 | ホーム | ヒュウガ製作記 その7(後編) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。